トマトの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!長持ちするには?

一年中見かけるトマト。

リコピンも豊富で、栄養満点で病気知らずといわれるほどのトマトですが、冷凍や乾燥させて作るドライトマトは栄養面でも期待でき、いろんなレシピに活用できます。

今回は、トマトの冷蔵、冷凍の保存方法、保存期間とともに簡単に作れる保存食レシピもご紹介していきます。

Contents

トマトの保存の仕方

トマトの保存の仕方は、丸ごとの保存するときには成長する育った環境を再現することでヘタを下にすると長持ちします。

また、常温保存ができないのが真夏だけで、ほとんど常温保存できます。

トマトの保存温度

トマトの最適な保存温度は、7℃~10℃、湿度は85%~90%です。

トマトの保存方法まとめ

  • 常温・・・新聞紙で包む
  • 冷蔵・・・ヘタを下にして野菜室
  • 冷凍・・・丸ごとでもカットでも冷凍できる
  • 干し・・・スライスして干す

トマトの保存期間と賞味期限まとめ

  • 常温・・・2,3日
  • 冷蔵・・・2週間
  • 冷凍・・・1か月
  • 干し・・・1か月

トマトを常温保存する方法

トマトを常温保存する方法をご紹介します。

トマトの常温保存法

  • Step1
    新聞紙で包む
    トマトを一つずつ新聞紙で包む
  • Step2
    涼しい場所で保存
    風通しのよい涼しい場所でヘタを下にして、カゴに並べて保存
  •  

真夏以外は常温で可能です。まだ、青いトマトであれば常温で保存し、追熟させてから食べるようにしましょう。

トマトの常温保存の際の保存期間

トマトを常温で保存できる期間は2,3日です。

トマトは15℃~25℃で追熟しリコピンが増えるメリットがあります。

トマトの常温保存の際の栄養素は?

トマトを常温保存した際の栄養素は、変わりません。

トマトを冷蔵保存する方法

トマトを冷蔵保存する方法をご紹介します。

トマトの冷蔵保存法

  • Step1
    包む
    1つずつトマトを包む、特に追熟したものは柔らないのでキッチンペーパーで包む
  • Step2
    ビニール袋に入れる
    ヘタを下にして、ビニール袋に入れ、しっかり口を閉じる

  • Step3
    野菜室で保存
    野菜室で保存
  •  

追熟させたトマトや熟したトマトは冷蔵庫へ。熟しすぎると、長持ちしなくなるので様子を見ておきます。

トマトから成長させるエチレンガスを放出しやすく、他の野菜の成長を促進させないようにビニール袋の口はしっかり閉じておきます

トマトの冷蔵保存の際の保存期間

トマトを冷蔵で保存できる期間は2週間です。

トマトを冷蔵保存の際の栄養素は?

トマトを冷蔵保存した際の栄養素は、変わりません。

トマトを冷凍保存する方法

トマトを冷凍保存する方法をご紹介します。

トマトの冷凍保存法

【丸ごとの場合】

  • Step1
    洗う
    トマトを洗う
  • Step2
    ヘタをくりぬく
    皮つきのままヘタをくりぬく

  • Step3
    保存
    冷凍用保存袋に入れて、空気を抜き冷凍室で保存

  •  

【カットの場合】

  • Step1
    洗う
    トマトを洗う
  • Step2
    カットする
    皮つきのまま、トマトを一口大やスライスに切る、カットするときに放射線状に出ている白い線をさけるとゼリーが出にくい
  • Step3
    保存
    冷凍用保存袋に入れて、空気を抜き冷凍室で保存

  •  

カットしたとき、丸ごとのヘタをとるときに水分がでますが、霜の原因になるので、出てきた水分は捨てます。

あまり熟していると水分が出過ぎてしまうので、固さがあるものがよいです。

トマトの冷凍保存の際の保存期間

トマトを冷凍で保存できる期間は1か月です。

トマトを冷凍保存の際の栄養素は?

トマトを冷凍保存した際の栄養素は変わりません。

トマトを冷凍したあとの解凍方法

トマトを冷凍したあとの解凍方法は、丸ごと冷凍したトマトを水につけると、皮がスルっとむけ時短にもなります。トマトの皮が気になる方は調理中に捨てましょう。

丸ごとトマトは半解凍状態のほうが切れやすいです。

カットしたトマトも丸ごと冷凍しトマトもそのまま冷凍のまま使えます。

トマトのほとんどが水分で出てきているため、冷凍し解凍すると細胞が壊れ水煮のような状態になります。

調理法は限られてしまいますが、夏場の暑いときにはカットしたトマトをそうめんやサラダに半解凍のままのせて使うと華やかになります。

スポンサードリンク

トマトを乾燥(干す)保存方法

トマトを乾燥(干す)保存方法をご紹介します。

トマトを乾燥(干す)保存法

【オーブン篇】

  • Step1
    カットする
    トマトを洗い、輪切(スライス)する
  • Step2
    種を取る
    種をとり、しっかりキッチンペーパーで水気を取る
  • Step3
    オーブンで加熱
    オーブンシートに並べ、

    塩をふり、オーブンで低温(100℃ぐらい)で1時間加熱、水分が出るので途中で水分を取りのぞき、さらに1時間半~2時間加熱

  • Step4
    乾かす
    加熱後、トマトを冷ましながら風通しの良い場所で完全に乾かす
  • Step5
    冷蔵室で保存
    保存容器に入れ、冷蔵室で保存
  •  

加熱時間は、環境やオーブンによって変えてください。

【天日干し】

  • Step1
    カットする
    トマトを洗い、輪切(スライス)する
  • Step2
    種を取る
    種をとり、塩をして3時間置く、その後しっかりキッチンペーパーで水気を取る
  • Step3
    干す
    ザルや野菜カゴに入れて日に当てて4,5日干す

  • Step4
    冷蔵室で保存
    保存容器に入れ、冷蔵室で保存
  •  

トマトは、ミニトマトと比べて大きく水分も多いのでカビやすいので、お天気の良い日が続く日を選ぶようにしてください。

お天気が続かないときや完全にドライに出来なかったら、オーブンで乾燥します。

【電子レンジ】※一番時短

  • Step1
    カットする
    トマトを洗い、1㎝ぐらいの輪切(スライス)する
  • Step2
    種を取る
    種をとり、しっかりキッチンペーパーで水気を取る

  • Step3
    レンジで加熱
    オーブンシートに並べ、塩をふり、レンジで600W5分加熱、水分が出るので途中で水分を取りのぞき、さらに5分加熱、水気がなくなるまで加熱を繰り返す
  • Step4
    乾かす
    加熱後、トマトを冷ましながら風通しの良い場所で完全に乾かす
  • Step5
    冷蔵室で保存
    保存容器に入れ、冷蔵室で保存
  •  

オーブン、天日干しとご紹介してきましたが、やはり天日干しすることによって得られる栄養がありますので、できれば太陽にあてて干してみてください。

トマトの干す保存の際の保存期間

トマトを干した保存期間は、ドライトマトで冷蔵庫で2週間、セミドライトマトで冷蔵庫で4~5日です。

トマトを干した後の戻し方

トマトを干した後の戻し方は、そのまま使います。

オリーブオイルに漬けておくとオイルも使えますので、後ほどご紹介します。

トマトを干す保存の際の栄養素は?

トマトを干すと栄養素は、ビタミンCは減りますが、βカロテンは生のトマトの3倍、リコピンは4倍になります。

干すことで甘みが増し、味も濃くなります。

トマトのカット(切った)後の日持ちする保存方法は?

トマトをカット(切った)してしまったら、保存容器に入れて保存します。一気に傷み始めるので、早めに食べきるようにします。

トマトの保存方法 使いかけ

トマトをカット(切った)してしまったら、切った断面から乾燥していきますので、しっかり断面をラップしておきます。

その後、保存袋に入れておくとよいです。

トマトをスライスやカットした後

保存容器に入れて早めに使い切ます。

トマトをカットしたときの保存期間

トマトをカットしてしまったときの保存期間は、1日です。

トマトの長持ちする保存方法

トマトを長持ちさせる保存方法は、ヘタを下にして保存し、実が接触しないようにすることです。

トマトに圧がかかると、水分が多いトマトは接触した部分から傷み始めます。傷があったら早めに使いきり、冷凍するか調理します。

トマトを保存には水につける?

トマトの保存で、水につけておくと長持ちするのではなく、ミニトマトを丸ごと保存するときの方法です。

トマトは皮や実も薄いので、水につけておく方法はお勧めしません。

トマトのヘタ

トマトのヘタは、保存する上で重要な役割を持っています。

トマトの保存にはヘタが肝

冷凍するときにはヘタは取りますが、冷蔵や常温保存のときには、ヘタは残します。

ヘタがあることによって、安定することや潰れないためです。

トマトのヘタの取り方

トマトのヘタの取り方をご紹介します。

包丁の角をヘタの周りに刺し、トマトを回しながらヘタに沿って切り込みを入れ、ヘタを切り抜くように、包丁の角をまわします。

トマトを保存する新聞紙がない

トマトを包むときに新聞紙がないときには、キッチンペーパーでは代用しましょう。

広告やチラシ、雑誌などはコーティングされているので通気性がない紙になり、コピー用紙は固さがあるので、トマトに傷がはいってしまいます。クラフトの紙袋であれば問題ないでしょう。

常温の場合は、ビニール袋で包んでしまうと、空気を完全に遮断してしまうため余計に傷みやすくなります。

トマトの保存容器や保存袋

トマトの保存には、蓋つきの容器や冷凍用保存袋を使用します。

ビニール袋は、冷蔵庫へいれるときに使用します。

トマトの洗い方や湯むき 皮にも栄養あり

トマトの湯むきや皮を使うときの洗い方をご紹介します。

トマトの洗い方

  1. トマトの皮を柔らかい布を使い、塩水で丁寧に洗う
  2. 表面をこすり洗いする
  3. 皮は湯むきすると農薬の心配はなし

トマトの湯むき

トマトソースで調理するときや皮が気になるときに湯むきを行います

  1. トマトを沸騰したお湯に10秒ほどくぐらせる
  2. 冷水にとる
  3. 包丁の先でヘタをぐるっとくりぬく
  4. ヘタの部分から皮がむける

トマトの皮の栄養

トマトを生で食べる時には皮をむくことはないですが、ソースにするときには気になる場合は皮をむいて調理する方も多いです。

しかし、実はトマトの皮にはペルオキシダーゼという酵素があり、人間の体内で酸化物質を無毒化する働きで免疫力を高める役割を持っています

わざわざ皮をむかなくても、皮ごと食べるのが一番良いです。

トマトの保存の夏と冬

トマトは、夏が旬を迎え、気温が高くなるので、常温では腐りやすくなりますので冷蔵保存がお勧めです。

冬は常温で大丈夫ですが、低い気温だと追熟していかないので、室内で保存するとよいです。その場合もトマトの様子はしっかり見ておきましょう。

トマトの見分け方と選び方

トマトの腐っている見分け方と新鮮な選び方を説明します。

腐っている場合の見分け方

腐り具合は以下に当てはまると危険です。

  • ヘタが黒い
  • ヘタに白いカビがある
  • 実から汁が出ている
  • 異臭がする

新鮮な選び方

新鮮な選び方は、以下の通りです。

  • 赤くツヤがある皮
  • ヘタがピンと張っていて濃い緑色
  • お尻の部分に八方の白いスジが均等に入っている
  • 同じ大きさなら重いもの

同じ大きさのトマトがあれば、重いほうが甘みが強いものになります。

お尻の部分にシミが出てきているのは、見た目は悪いので値段が安いです。しかし、見た目だけで水分を抑えて作っているからでとても美味しいトマトです。

また、トマトは甘さや肉厚なものなど多くの品種があるので、レシピによって変えてみてください。

スポンサードリンク

トマトの保存食と常備菜人気簡単レシピの作り方

トマトの保存食と常備菜の人気をご紹介します。

トマトの保存食の種類

  • トマトソース
  • オリーブオイル漬け
  • ピクルス
  • マリネ
  • 水煮

トマトの保存食レシピの簡単作り方と保存期間

トマトが大量にあったときには消費するなら、ソースにしてしまうとパスタや煮込み料理に使えます。

保存期間は、4,5日です。大量に作ったら冷凍しておきます。

トマトの常備食人気レシピの作り方と保存期間

トマトの常備菜としてマリネをご紹介します。

トマトのマリネ

  1. トマト3個半は一口大にカットし、残りのトマトはすりおろす
  2. 1のトマトに塩1/3を、黒コショウをかけて、オリーブオイルをかける
  3. 混ぜる

トマトを漬けた作り方レシピと保存期間

トマトの出だし漬け

トマトのオリーブオイル漬けの作り方レシピと保存期間

乾燥させたトマトをオリーブオイルにつけておくとオリーブオイルもトマトも使えて一石二鳥です。

ドライトマトのオリーブオイル漬け

保存期間は1か月です。

トマトの保存食冷凍レシピ

トマトはミートソースにしておくと冷凍できます。

ミートソース

小分けにしておくと便利です。

保存期間は、2週間です。

トマトをお弁当のおかず

トマトをお弁当に入れるときには、カップを利用します。

トマトのカップグラタン

保存期間2週間です。

離乳食の保存

トマトは離乳食に水分も多く手軽に使えます。

 

 

トマトの保存方法と保存期間、保存食をご紹介しました。

クセもなく、いろんなレシピに使えるので、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です