すももの保存方法|冷凍・冷蔵・期間と保存食レシピ!常温保存もできる

夏にぴったりの果物のすもも。

買ってすぐに食べる人もいるので、正しい保存方法や保存食レシピはあまり知られていません。

すももは常温で追熟させてから、冷蔵保存や冷凍保存ができます。さらに、干してから冷凍すると、長期間保存できます。

今回は、すももの正しい保存方法と、保存食レシピをご紹介します。

すももは、夏バテにぴったりのビタミンやミネラルをもち、鮮やかな赤色が料理やスイーツを引き立ててくれます。

夏の元気の源として、すももを活用してみてください。

Contents

すももの保存の仕方

すももは、店頭で購入してから常温で2~3日追熟させるのがおすすめです。

追熟させた後に、冷蔵保存や、冷凍保存しましょう。

すももの保存温度

すももの最適な保存温度は5~10℃です。

すももの保存方法まとめ

  • 常温・・・新聞紙に包み、室温で保存する
  • 冷蔵・・・新聞紙に包み、野菜室で保存する
  • 冷凍・・・薄いくし切りにして、冷凍保存する
  • 干し・・・カットして天日干し、またはオーブンで乾燥させる
  • カット・・・ラップで断面を密閉し、冷蔵室で保存する

すももの保存期間と賞味期限まとめ

  • 常温・・・未熟なすももなら1週間。熟しているなら3~4日
  • 冷蔵・・・1~2週間
  • 冷凍・・・1ヶ月
  • 干し・・・1ヶ月
  • カット・・・1~2日

すももを常温保存する方法

すももは常温で追熟させることで甘みが増します。

店頭で買えるすももは早めに収穫されている場合が多く、買ってきてすぐに食べると酸っぱすぎることがあります。

追熟させて、すもも本来の甘酸っぱさを味わいましょう。

すももの常温保存法

  • Step1
    包む
    新聞紙で包む
  • Step2
    保存する
    常温で保存する

すももは乾燥に弱いので、しっかり新聞紙に包むか、密閉できる袋に入れて保存しましょう。

すももの常温保存の際の保存期間

すももの常温保存の際の保存期間は、未熟なすももなら1週間、すでに熟しているすももなら3~4日です。

すももの常温保存の際の栄養素は?

常温保存したすももの栄養素は、変化ありませんが、糖度は上がります

すももは、ビタミンCやビタミンE、やカリウムなどのミネラルが豊富で、ポリフェノールや水溶性食物繊維を多く含んでいます。

熱を下げる効果もあるので、夏におすすめの果物です。

すももを冷蔵保存する方法

すももを冷蔵保存する際は、追熟させてからがおすすめです。

冷蔵保存すると追熟が止まってしまいます。

すももの冷蔵保存法

  • Step1
    包む
    すももを新聞紙に包む
  • Step2
    保存する
    すももを野菜室で保存する

新聞紙がない場合は、密閉できる保存袋でも代用できます。

密閉袋の場合、湿気がこもり過ぎると傷みの原因になるので、こまめにチェックしましょう。

すももの冷蔵保存の際の保存期間

すももを冷蔵保存する際の保存期間は、1~2週間です。

すももの冷蔵保存の際の栄養素は?

冷蔵保存したすももの栄養素は、変化ありません。

すももの甘みは常温の方が感じやすいので、食べる前に常温に戻しておくことをおすすめします。

すももを冷凍保存する方法

すももは薄くカットすれば、冷凍保存できます。

食感はなくなってしまうので、スムージーやジャム、ソースなど形が残らない料理に使うようにしましょう。

すももの冷凍保存法

  • Step1
    カットする
    すももを薄めのくし切りにカットする
  • Step2
    並べる
    バッドなどに1枚1枚重ならないように並べて、軽く凍らせる
  • Step3
    保存袋に入れる
    凍らせたすももを、冷凍用保存袋に入れる
  • Step4
    保存する
    冷凍庫に保存する

1枚1枚を重ならないように凍らせることで、鮮度が保たれます。

調理にも使いやすくなるので、ぜひひと手間かけてみてください。

野菜マルシェのなのか

  • 冷凍するときにはなるべく薄く平らにする
  • アルミのトレイにのせると早く冷えやすい
  • 冷凍室を強に設定するとなおよし

すももの冷凍保存の際の保存期間

冷凍したすももの保存期間は、1ヶ月です。

すももの冷凍保存の際の栄養素は?

冷凍したすももの栄養素は、解凍する際に、水溶性のビタミンが流れやすくなります。

すももの皮や、皮の近くには、ポリフェノールがたくさん含まれているので、冷凍する際は皮ごと凍らせるのがおすすめです。

すももを冷凍したあとの解凍方法

冷凍したすももは、解凍せずに調理に使いましょう。

ビタミンやミネラル、ポリフェノールを効率よく摂取できます。

スポンサードリンク

すももを干す保存方法

すももは、干して保存することで、長く楽しむことができます。

食感は変わりますが、酸味が抜けて、甘みが強くなります。

すももの干す保存法

①天日干しの場合

  • Step1
    カットする
    すももを薄いくし切りにカットする
  • Step2
    並べる
    ザルに、1枚1枚重ならないように並べる
  • Step3
    天日干し
    湿度の低い、晴天の日に2~5日天日干しをする
  • Step4
    保存する
    完全に乾燥したら、保存袋に入れて冷凍保存する

すももは香りが強いので、虫が寄ってきやすくなります。ネットを使うなど、虫対策を取りましょう。

①オーブンの場合

  • Step1
    カットする
    すももを半分にカットする
  • Step2
    並べる
    天板に、皮面を下にして並べる
  • Step3
    加熱する
    オーブンで120℃90分で乾燥させる
  • Step4
    保存する
    完全に乾燥したら、保存袋に入れて冷凍保存する

ご自宅のオーブンによって、乾燥具合が変わるので、試してみてください。

すももの干す保存の際の保存期間

干したすももの保存期間は、冷凍保存した場合1ヶ月です。

冷蔵保存の場合は、2~3週間程度です。

すももを干した後の戻し方

干したすももは、水で戻りますが、そのまま食べることもできます。

すももを干す保存の際の栄養素は?

干したすももは、ビタミンは減少しますが、食物繊維は増えます。

水分が抜けるので、甘みが凝縮され、酸味が苦手な人にも食べやすい味になります。

すもものカット(切った)後の日持ちする保存方法は?

カットしたすももは、なるべく断面を乾燥させないことが大切です。

断面から傷んでくるので、早めに食べきりましょう。

すももの保存方法 使いかけ

使いかけのすももは、断面をラップで密閉し、空気に触れないように冷蔵室で保存しましょう。

さらに、密閉できる保存袋に入れておくのもおすすめです。

3日以上食べる予定がない場合は、冷凍保存しましょう。

すももをカットしたときの保存期間

カットしたすももの保存期間は、1~2日程度です。

すももの長持ちさせる保存方法

すももを長持ちさせる方法をご紹介します。

すももの芯(種)のくりぬき方

すももの種の取り方をご紹介します。

  • すももの縦線に沿って包丁を入れる
  • 種まで包丁が入ったら、種に沿ってぐるりと一周切る
  • すももの両側を回し、半分に割る
  • 種を包丁で切り取る

すももの洗い方(下処理)

  • すももの白い粉(ブルーム)を洗い流す
  • 食べやすい大きさに、すももをカットする
  • 最後に、包丁で削ぐように皮をむく

すももの見分け方と選び方

追熟させる用のすももの見分け方をご紹介します。

完熟しているすももは、香りと赤みが強く、つかむと柔らかいですが、傷んでいる場合との見分け方が難しいので、注意しましょう。

腐っている場合の見分け方

腐り具合は以下に当てはまると危険です。

  • 実が柔らかい
  • 皮が茶色く変色している
  • 表面に傷あり、形がいびつ

新鮮な選び方

新鮮な選び方は、以下の通りです。

  • 実にハリと重みがある
  • 皮が薄い赤色
  • 白い粉(ブルーム)がついている

すももの旬

すももの旬は6~8月です。

品種によっては10月まで出荷されます。

すももの食べ頃

すももは追熟させて、表面に少ししわが出てくるくらいになったら食べ頃です。

追熟させすぎたり、温度が高すぎたりすると、熟す前に傷んでしますので、気をつけてください。

すももについて

すももは、日本各地で生産されている夏の果物です。

昔の日本人は酸味の強いすももが苦手な人が多く、明治に入ってから量産されるようになったそうです。

すももは、プルーンと同じものですが、日本国内では、丸い日本すももや中国産のすももを「すもも」としています。

「プルーン」は、西洋すもものことで、少し長穂沿い形が特徴的です。

すももには多くの品種があり、皮をむいた実がオレンジ色や赤色の者や、皮が赤いものや紫なものと様々な品種があります。

日本で購入できるすももは数種類あるので、食べ比べをするのも楽しいですね。

すももの保存食と人気簡単レシピの作り方

すももの保存食と人気の簡単レシピをご紹介します。

すももの保存食の種類

  • シロップ
  • コンポート
  • 酢漬け

すもものシロップ漬けレシピの簡単作り方と保存期間

  • すもものヘタを取る
  • すももを爪楊枝で刺して、シロップを染み込みやすくする
  • 消毒した保存容器と、すもも1kgに対して800g程度氷砂糖を用意する
  • すももと氷砂糖が交互になるように、保存容器に入れる
  • 常温に置き、1日に何度か上下を返すように混ぜる
  • 氷砂糖が溶けて、3~4日くらいしたら、冷蔵保存する
未開封なら、冷暗所で1年保存できます。開封後は冷蔵保存で3週間程度で使い切りましょう。

氷砂糖が溶けてから3~4日で、すももをシロップから分けて冷凍保存することもできます。

冷凍保存する場合は、種は取ってカットしておくと、調理に使いやすいです。

すももの保存食レシピの簡単作り方と保存期間

プラムのコンポート

冷蔵庫で1週間保存できます。冷凍保存もできます。

すももの酢漬けの作り方の保存食レシピと保存期間

すもも酢

冷蔵庫で3週間保存できます。2週間ですももを取り出しておくと長持ちします。

離乳食の保存

レンジで簡単!すもも(プラム)ソース

すももは離乳食後期から与えるようにしましょう。

よく熟れた甘く柔らかい実を選んで、実をしっかりつぶしておくと、食べやすくなります。

 

すももは甘酸っぱい味が夏にぴったりですが、抗酸化作用の高いポリフェノールを多く含んでいたり、栄養面でも注目の果物です。

保存食レシピでもシロップ漬けや酢漬けのすももは、夏の疲れを癒してくれます。

さらに、追熟させてから食べるので、店頭で購入してからの長く保存できるところは魅力ですね。

期間限定のすももを活用して、夏を元気に乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です